2016年09月21日

私は日本人であることを誇りに思う。1944年、パプアニューギニアで日本軍兵士が蒔いた種

http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12201288042.htmlから転載

日本軍兵士がパプアニューギニアで蒔いた独立の花が咲いた!
...日本の歴史を薄っぺらな自虐史観で見るのはもう止めにしませんか?

.....なでしこりんです
。以前、Facebook(フェイスブック)が「アメリカの保守系論客」の記事を「意図的に削除」していることが問題になったことがあります。慌てた創業者のマーク・ザッカーバーグCEOは著名な保守系論客16名を本社に招待して釈明したそうです。

................1
...............   「「ヘイトスピーチ規制という言論弾圧」の危険性が高まる

.....私は もちろんザッカーバーグ氏が個人的にそんなことをさせたとは思わないのですが、Facebookの実務を担当する人が保守系嫌いの場合、そういうことは十分起こり得ると思います。「言論弾圧」が個人の感情で行われるとすると恐ろしいことです。数日前、私のブログを支援してくださっている方のFBアカウントが停止されたそうです。

................2

.....その方は 「実名を含まない愛称」でのFB登録のようですが、2015年の調査では「実名登録は」82・5%、「実名を含む愛称」と「実名を含まない」はそれぞれ8・7%と8・7%でした。つまり、17・4%の人が、実名にリスクを感じて「仮名」での登録でFBを利用しているんです。ネットは必ずしも安全ではないのでしょう。

...................................3
..................................            .戦前の共産党は何をやっていた?

.....さて 今日は、そんなFBから仕入れた情報。元の「つぶやき」はツィッター(Twitter)からのようですが、こういう記事はありがたいですね。私たち日本人は「日本の戦争は悪」と信じ込まされていますが、戦後の教育界や映画会社にはウンカのごとく日本共産党員がいたのです。そして彼らがやったのが「戦前の日本共産党の正当化」であり「共産党を弾圧した戦前は悪」という宣伝でした。戦前の日本共産党は内ゲバ殺人をやっていたくせに。

.........................4
...............................   米ロックフェラー医学研究所での野口英世

.....私の 基本的な考えは「日本人は日本人。戦前戦後も変わらない。」です。だって、人間は「善か悪か」で分けられるほど単純な存在だと思いますか? 「好戦的」という言葉がありますが、人間はどちらかというと「厭戦的(戦うことを避ける性向)」ですよね。それでもやむを得ない状況がある時、人は戦うのです。もし今、中国や北朝鮮が日本に攻撃をしかけたら、あなたは指をくわえて傍観しますか?

.....前説が 長くなりました。「 ShounanTK@shounantk」様のツィートから。私はこういう事実は戦争中にも数多くあったと思いますよ。だって日本人だもん!

.....1944年、パプアニューギニアのカウプ村に日本人将校が訪れ、村人は歓待。その御礼に子供達に勉強を教えた。その中に初代首相となる子供がいた。40年後に独立し、2人は再会した。 「先生から"自分達の国を作れ"と教えられた通りにしました」ShounanTK@shounantk 2015年8月4日 

.....5

.....上のツィート と写真に関連する記事を見つけました。

.....安倍首相はパプアニューギニアを訪問し、国民の代表としてかの地で亡くなった戦没者の慰霊をされてきた。そして、尊い犠牲の上に現在の日本がある、と山口の講演会で話された。

.....「柴田幸雄中尉は住民への感謝の気持ちと、将来の独立にそなえた教育を志し、酋長の賛同を得て学校をたて、子供たちに数や初歩の日本語、英語の教育を行いつつ、植民地からの独立を説きました

..........6
..........   ..........マイケル・ソマレ首相夫妻と安倍総理・昭恵夫人

.....その教え子のひとり、当時8歳のマイケル・ソマレ少年は、後にパプアニューギニア独立運動に身を投じ、1975年(昭和50年)、独立後初代首相に就任した。キャプテン・シバタの教えによって独立することができたと考えたソマレ首相は大使館を通じて、当時宇都宮市で飲食店を営んでいた柴田氏を探しあて、昭和60年、念願の再会を果たしました。」http://www.gokoku.gr.jp/junpai/source_004.html

.....私は 日本人であることを誇りに思ったことはありますが、日本人であることを恥ずかしく思ったことは一度もありません。「日本=悪論」のなんと薄っぺらなことか? なぜ日本は世界から好かれるのか? それは日本の先人たちが立派だったからです。 By なでしこりん

posted by KSM ELECTRONIC at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大東亜戦争の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442133423

この記事へのトラックバック