2016年12月16日

【KSM】桜内文城・前衆議院議員、「慰安婦=性奴隷」説の原告・控訴人に完全勝訴 [H28/12/16]

1: KSM WORLD NEWS 2016/12/16(金)15:16:49 ID:???

【御報告】「慰安婦=性奴隷」説の原告・控訴人に完全勝訴!!!

桜内文城です。

本日(2016年12月15日)、東京高裁で判決があり、「慰安婦=性奴隷」説をその著書の中心的命題とする
控訴人・吉見義明中央大学教授に完全勝訴しました。

弁護団の皆様をはじめ、日本、そして日本国民の名誉と尊厳を守るために共に闘っていただいた
全ての皆様に心より感謝申し上げます。判決後の記者会見には、元同僚議員の山田宏・参議院議員と
杉田水脈・前衆議院議員も駆けつけていただき、この勝訴の意義についてコメントもいただきました。
本当にありがとうございます。

続き 桜内文城・前衆議院議員 blog
http://ameblo.jp/sakurauchi/entry-12228932078.html


続きを読む
posted by KSM ELECTRONIC at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【KSM】フェイスブックが虚偽ニュース対策を強化 「表現の自由」とのジレンマも[H28/12/16]

1: KSM WORLD NEWS 2016/12/16(金)09:30:08

◆フェイスブックが虚偽ニュース対策を強化 「表現の自由」とのジレンマも
[産経ニュース 2016.12.16 08:45]


【ワシントン=小雲規生】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は15日、
同社のサービス画面に虚偽のニュースや情報が表示されにくくする仕組みを
立ち上げると発表した。利用者からの報告と専門機関の分析を組み合わせて虚偽か
否かの判断に生かすほか、投稿に対する利用者の対応なども考慮し、悪質性が極めて
高い虚偽情報の拡散を抑え込む。ただ、「表現の自由」との間でのジレンマも
抱えている。

 新しい仕組みでは、利用者が疑わしい内容の投稿を見つけた場合、簡単に
FBに報告することができる。FBはAP通信など第三者に内容の事実確認を求め、
虚偽と判定されれば、その投稿には「審議中」との付記がつき、サービス画面に
表示されにくくなる。

 FBは、数多く閲覧されているにも関わらず、あまり共有されない投稿は読者を
誤解させる内容である傾向が強いと分析。共有の度合いが極端に低い投稿は話題の
ニュースのランキングに上がりにくくする。信用度の高いウェブサイトに
なりすましているサイトへの監視も強化する。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/world/news/161216/wor1612160017-n1.html


続きを読む
posted by KSM ELECTRONIC at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【KSM】 韓国 国際社会で韓国を「信頼できない国」 THAADとGSOMIA、韓国野党は今すぐ撤回を明言せよ[12/15]

1: KSM WORLD NEWS 2016/12/15(木) 19:12:40.80 _USER

韓国の最大野党「共に民主党」は13日と14日に論評を発表し、その中で「THAAD(米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」)配備問題は次期政権で取り扱うべきだ」とする見解を明らかにした。

これは朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の弾劾議案可決により、今の政府が進めてきた政策を全てなかったことにしたいとする野党の考えに基づくものだ。また民主党はすでに日本と締結した軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても「次の政府が改めて対応に当たるべき」と主張している。

昨日、民主党内では「THAAD配備は正常な政府によって改めて進めるべきだ」「この問題は次の政府が議論すべきもの」などといった声も出たようだ。

彼らがTHAAD配備に反対する理由は、要するに「これも崔順実(チェ・スンシル)被告が決めたから」というものだ。しかし崔順実被告が文化やスポーツ関連の政策に関与していた事実はすでに明らかになっているが、米国との軍事同盟にまで介入したという根拠はないし、またそれを疑わせるような事実もない。

つまり野党側は、崔順実被告の問題で朴大統領が国民から激しい非難を受けていることを利用し「全てを崔順実被告がやった」という形に持って行きたいのだ。あまりにも度が過ぎていると言わざるを得ない。野党の言い分は、朴大統領の弾劾議案が可決されたことで「THAADも弾劾された」として配備撤回を求める中国の主張と何ら変わりがない

第2野党「国民の党」もこれまで党としてTHAAD配備に反対してきた。民主党はこの主張を党の方針としているわけではないが、代表をはじめとする多くの議員がTHAAD反対を訴えている。いずれにしても両党とも代案は提示せず、とにかく「THAAD配備は次の政権に委ねよ」と声を上げていることに変わりはない。

その正確な意図までは分からないが、「われわれが政権を握れば、THAAD配備を撤回する」とも読み取ることもできるだろう。だとすればTHAAD配備撤回の明言をその時まで先送りする必要などない。今すぐ党としてTHAAD配備に関する考えを表明し、大統領選挙で国民の審判を仰ぐべきだ。

ただし野党といえども、北朝鮮の核攻撃への対処に必要なTHAADにただ反対するわけにはいかないため、まず現政権の任期にいったん配備させ、その上で「次の政権で改めて決める」などと主張し、この問題では傍観者的な立場に立とうとしているとの見方もある。だとすれば野党は安全保障問題についても自分たちの過激な支持者に迎合していると指摘せざるを得ない。

THAADは北朝鮮の核とミサイルの脅威に対処する最善の防衛策だ。100パーセントとは言えないまでも、今のところ地球上にこれだけの能力を持つ兵器はない。THAADがない状態で北朝鮮の中距離弾道ミサイル「ノドン」クラス以上の弾道ミサイル攻撃を阻止することはできない。

ちなみに野党は核問題を「北朝鮮との外交交渉によって解決すべき」と主張している。もちろん外交交渉は必要だ。しかしそれ以前に必要なのは軍事的な備えだ。軍事力の裏付けがない外交交渉など交渉ではなく、単なる屈従にすぎない。

もちろんTHAAD配備には中国が強く反対しているため、この点にも当然留意しなければならないが、これはまず北朝鮮の核ミサイルを阻止する方策を立てた上での話だ。

今の野党が政権を握り、THAAD配備を本当に撤回した場合、韓米同盟に亀裂が入ることはまず避けられない。しかも今後の動きが予測できないトランプ次期政権が「在韓米軍を守るTHAADがないのなら、米軍は韓国に駐留することはできない」と言い出すこともあり得る。

それでも野党は「在韓米軍の撤退は絶対にない」と言い切れるだろうか。韓日軍事情報保護協定も北朝鮮の核問題に対処することが互いに必要だからこそ締結された。このような国家間の合意を覆すなどと言い出すこと自体が、国際社会で韓国を「信頼できない国」にしてしまう最大の原因だ。


朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/15/2016121501033.html


続きを読む
posted by KSM ELECTRONIC at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【KSM】韓国「日本は軍事的には韓国の敵国」次期大統領候補に急浮上の韓国版トランプが発言=韓国ネット「100%共感」「彼は常識的」[12/15]

1: KSM WORLD NEWS 2016/12/15(木) 18:58:18.80 _USER

2016年12月14日、韓国・聯合ニュースは、歯に衣(きぬ)着せぬ発言で「韓国版トランプ」と呼ばれ注目を集めている京畿道城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長(51)が「日本は軍事的には韓国の敵性国家(敵対的な行動をとる国)である」と述べたことを伝えた。

李市長は日本メディアのインタビューに対し「日本は韓国の重要な隣国であり、共存共栄しなければならない国」としながらも、「日本が軍事大国化を目指し膨張主義(国家の領土的拡張を志向する行動・政策)を継続する場合、最初の犠牲者は朝鮮半島になる可能性があるため、軍事的には敵対性を完全に解消したと見るのは難しい」と述べた。

さらに李市長は、このほど締結された日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)についても辛辣(しんらつ)な批判を続け「このような状況で、日本の自衛隊を軍隊として認め、私たちにメリットもないのに日本に軍事情報を提供するというのは、国民の立場としても納得できない」とし、「日本が、すぐに寿命が尽きてしまうような政権と共に、韓国の国民感情を刺激してまで日韓の対立を誘発する協定を締結したのは適切ではないと思う」と述べた。李市長は11月に自らのフェイスブックでも「軍事的側面から見ると、依然として日本は敵性国家であり、日本が軍事大国化する場合、一番先に攻撃対象になる場所は朝鮮半島であることは明らか」と主張していた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「いずれにしても、日本には常に注意していなければならない」
「日本が朝鮮半島進出を望んでいるのはもちろんのこと、大陸進出までもくろんでいるのではないだろうか」

「李市長の言葉には100%共感する」
「彼の言葉は驚くほど明快だ。肝も据わっている」

「最近李市長の支持率が急上昇しているが、実際に彼が大統領になった国で生きてみたい」
「早く彼を大統領と呼べる日が来てほしい」

「無能で、いつも、もっともらしいことばかり言っているリーダーより、主張すべきことをはっきりと主張する李在明の方が真のリーダーだと思う」

「彼は常識的な事しか言っていないのに、それを型破りだと指摘する声が出ることを見ても、どれだけ今の韓国が常識からずれているのかよく分かる」

「彼の眼には今しか見えてない」
「彼の言っていることは正しいのか?間違っているのか?」


Record china 配信日時:2016年12月15日(翻訳・編集/三田)
http://www.recordchina.co.jp/a157884.html

関連
【韓国】日本は重要な隣国だが敵性国 支持率急上昇の李氏[12/14] ★4 [無断転載禁止]コピーライトマーク2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1481785414/


続きを読む
posted by KSM ELECTRONIC at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

【KSM】韓国 日本との慰安婦合意 「着実に履行する」=韓国外交部 [12/15]

1: KSM WORLD NEWS 2016/12/15(木) 15:57:11.95 _USER

http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20161215002600882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は15日の定例会見で、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案可決を受けた大統領権限代行体制でも旧日本軍の慰安婦問題をめぐる日本との合意を着実に履行するとの方針を示した。

 趙報道官は最大野党「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表が合意の履行中止を主張したことについて、「政府は大統領権限代行を中心に揺らぐことなく、外交・安全保障政策を連続性を持って推進していく立場を表明している」として、「慰安婦合意を含め、韓日間の合意事項を着実に履行していく」と強調した。

 また、「慰安婦合意は着実な履行の段階にあり、(慰安婦被害者支援財団の)『和解・癒やし財団』を中心にいろいろな事業が進められている」と述べた。

 一方、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の韓国と米国、日本首席代表の会合に出席するため金杉憲治・外務省アジア大洋州局長が来韓したのを機に、13日に日本と局長級協議を非公開で行ったことを明らかにし、「慰安婦合意を含む韓日間の合意事項を着実に履行することなど、諸懸案について協議した」と伝えた。


続きを読む
posted by KSM ELECTRONIC at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。